こんにちは!ドール服の通販ショップ「りんごぽん」です。

トランプのワンピース、
22cmドールサイズでもお作りしてみました。


CSC_0024

 

27cmドールサイズの胸元のスパンコールは
赤のクラブでしたが、
(よく考えたら赤のクラブって何だか珍しい感じですね)
22cmドールサイズは赤のハートにしてみました。

CSC_0026
シンプルにかわいい赤のハート。
白と黒に赤の差し色を加えたワンピースになりました。

27cmドールサイズと同様、
ご希望の方には帽子もおつけします。
上手な出来栄えではありませんが、
ご希望がありましたらメッセージや備考欄でご連絡をお願いたします。

CSC_0028
白のワンピースの上から黒のガウンを羽織っている感じのデザインのワンピースです。
実際は1着です。

CSC_0030
後ろから見たらこんな感じです。
後ろ全開、スナップボタン3ヶ所とめです。
背中の上の方とウエストのあたり、スカートの裾あたりにボタンがついています。

CSC_0032
袖は27cmドールサイズと同じ形にしました。
縮尺も縮めず、全く同じ形です。
リカちゃんたちが着ると、
ひじくらいまでの長さのある袖になります。

袖は細めにできていますし、
中に縫い目もあり、
若干着せ替えがしにくいかもしれません。
どうぞよろしくお願いいたします。

CSC_0034

こんな帽子、ブライスちゃんにこそよく似合います✨
ちょこんと乗せているだけですけれどね。

CSC_0036
見て見て!トランプのテープ。
これを縫い付けたくてお作りしたワンピースなのです✨

22cmドールサイズは、よりスカートの広がりが大きくて
キュートな感じになっています。

CSC_0038
ハートの女王様……ではなくハートのお嬢さんです。

トランプの手品を得意としています。
時々帽子から鳩を出します。


りんごぽん

「ハトを飛ばすお仕事をしている方に
先日お会いしまして」


リカちゃん

「へえ!すごい!」



りんごぽん

「ハトにはある体制を取らせると、
身動きを取らなくなる習性があるんだそうです。
それを利用して帽子の中にハトを入れたりするんだそうですよ」

そして、飛ばしても必ず戻ってくるんですよね。
何だか、とっても難しそうだなあと思います。
結婚式や式典などで大活躍ですね✨
 

CSC_0046
モノトーンの身頃。
身頃部分には白の裏地がついています。

CSC_0048
裾は細めの2段フリルがついています。
しっかりと縫い付けられているので丈夫で、
さらにん広がったスカートを固定してくれる役割もあります。

CSC_0050
後ろは全開します。
後ろ全開だと、袖が細めでも腕が通しやすいなあと思います。

CSC_0052
裏側。
糸は黒を使っていますが、
他は白になっています。
ただ、袖裏は裏地がついていませんのでご注意くださいね。

CSC_0034

 
かわいらしいドールさんに、どうか似合いますように。
楽しんでいただけると、とっても嬉しいです😊


********************* 



ショップバナーその3
↑↑minneさんのページです。


りんごぽんのおみせ

↑↑個人ショップ「りんごぽんのおみせ」です。


*******************

「絵が可愛いな」と思ってこんな本を借りてみました。
 

ルネサンスの世渡り術
壺屋めり
芸術新聞社
2018-05-25


 

開いていると、漫画を読んでいると勘違いした末娘がよって来ます。
章の最初だけは漫画なので、
そこを読むと去って行きました(笑) 

りんごぽん

「いやー……。
やはり、社会保障のない時代は生き残るのも大変ですね」


「怖い絵」の印象が強すぎて
画家とはこんなに大変だったんだ、というイメージから脱却できません。 

 

作りやすさや低価格に抑えることを重視して
コンペで勝利をもぎ取った話、
報酬が思うように支払われることがないようだと察して
「一度帰ります」と絵を未完のまま家に帰っちゃった話。
本当はこれが得意だけれど、勤め先を得るためなら
他の武器を差し出す話など
それぞれがすごく面白かったです。

若い時から老獪に立ち回らないと、
生きていけなかったんだなあ。
時代に合わせる必要もありますしね。


遠い遠い存在だったルネサンスの画家たちが
身近な存在に……はなりませんが(笑)
時代は違えど同じ人間だったんだなあと
ほんのちょっぴりの親近感を抱くことができました。


絵を見ることはあっても、
その画家の人となりがどうであったかということには
あまり注意を払ってこなかった私ですが
「どんな人だったのか」「どんなことをしたのか」ということがわかるだけで
絵も生き生きと見えるようになりますね。

作曲家のことを知ると曲の聞こえ方が変わってくるのと同じです。

裏話、こぼれ話をこっそり見るような楽しさもありました。
時間を置いてまた読んでみたいです。

********************

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ
にほんブログ村

型紙ページバナ0

おすすめ本、まとめました
お人形のお洋服作りにおすすめな本 厳選6冊