こんにちは!ドール服の通販ショップ「りんごぽん」です。

今日は紫のコートのご紹介です。
CSC_0175

 

このコートは現在、minneさんのトップページに
「展示」として出品しています。
後日他のお洋服とまとめて販売をいたします。
その際にはブログ、ツイッター、minneさんのギャラリーでお知らせをいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。


CSC_0175
「優しい紫色のフェルトだな」と思ってお作りしたコート。
コートになってみると、
意外と「紫!」と主張するような色合いになって
若干戸惑っております(笑)


他にも何着かフェルトコートをお作りしているのですが、
このコートのみ
ラグランスリーブではなく
セットインスリーブになっています。

着せやすいように、
アームホールは広く、袖は太くお作りしていますので
インに長袖のお洋服も着せることができます。

袖は長いので、
気になる方はお好みの長さにカットすることもできます♪

CSC_0177
後ろから見るとシンプルな形。
若干裾に向かって広がっていく、Aラインのシルエットです。

CSC_0181
こちらのコートも前側全開、スナップボタン2ヶ所止めになっています。

きりりとしつつも
上品な雰囲気のあるコートですね。

CSC_0179
前を開けるとこんな感じの見た目になっています。

CSC_0187
水色のコート(&他の色のート)と比べると
丈が若干長めになっています。
フェミニンで少し大人っぽい、落ち着いた雰囲気にもなりますね。
紫の花柄ともよく合います。

CSC_0183
ギャラリーのサムネイル画像はこちらになっています。

CSC_0175



 かわいらしいドールさんに、どうか似合いますように。
楽しんでいただけると、とっても嬉しいです(*^^*)

****************

ショップバナーその3
↑↑minneさんのページです。
後日こちらのショップで販売をいたします。


りんごぽんのおみせ

↑↑個人ショップ「りんごぽんのおみせ」です。

************** 

私は、フェルメールが大好きです。
埼玉県にいた時には、
上野の美術館にやってきたフェルメール展に
喜び勇んで駆けつけました。
今思っても、あのタイミングで 関東地方にいられて幸運でした。


そんなフェルメールの本を見つけて
手に取ってみました。
 

上野の美術館で見た「牛乳を注ぐ女」も見られて幸せな気持ちに。


この本は、初めて見る論調でフェルメールのことが紹介されていて
すごく面白かったです。

りんごぽん

「え!フェルメールって最初物語画家だったんだ」



りんごぽん

「え!赤の帽子の女とか、フェルメールの作じゃない説もあるの?」



特に興味のなかった「赤の帽子の女」という絵。
本物を見た時には
「こんなに魅力的な絵だったんだ」とすごく驚いたことをよく覚えています。
光がキラキラしていて、不思議な帽子も、平らな感じの女性の顔もすごく綺麗に見えました。

でも、フェルメールの作じゃないという説もあるんですね!
作者はその説を支持しているそうです。

はー……。

好きだと思っていたけれど、
知らないことはたくさんあるものだなあ。
これからももっと、いろいろなことを調べていきたいなあと
読後のテンションが上がる1冊でした。

面白かったです!


******************
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ
にほんブログ村

型紙ページバナ0

おすすめ本、まとめました
お人形のお洋服作りにおすすめな本 厳選6冊