こんにちは!ドール服の通販ショップ「りんごぽん」です。

昨日はショートパンツの作り方を書きました。
今日は、セットになっていたTシャツの作り方です。 

19
このTシャツです。 

まずは、材料を揃えます。
1

 
前身頃、後ろ身頃を対象に2枚、袖を2枚、接着芯です。
接着芯は左から襟ぐり、背中、裾です。
今回は袖口に接着芯は使いませんでした。


布は天竺 を使っているので、
端が丸まっています。見辛くて申し訳ありません…💦


2

まず、前後の身頃を中表に合わせて
肩のところを縫い合わせます。

裏表のない綿ニットは縫いやすいですね。

3
縫い代はアイロンで割って、
表に返します。

4
襟ぐりの接着芯を置きます。
アイロンでくっつく面(裏側)が上に来るように置きます。


5
背中側の接着芯も置きます。
同じように、アイロンでくっつく面(裏側)が上になるように置きます。


6
背中側からえりぐりの部分を縫い合わせます。
接着芯の向きをずらさないように!!

写真に書き忘れましたが、
縫い合わせたあとにえりぐりの中の余分な接着芯を切り落とします。


中表になっている接着芯と本体を
外表になるようにくるんとひっくり返し、
アイロンをかけて接着します。
7
両方の背中側を接着させてから
えりぐりにアイロンをかけるとやりやすいです。
いちど接着芯がよれてしまったらおしまいなので、慎重に。

8
表側を上にして、
赤線のところにステッチをかけます。

ここまでで、じょうぶなえりぐり〜背中部分のあきができあがりました。
9

袖を中表に合わせ、縫いつけます。
10

袖の詳しい縫い方は
こちらの記事でもご紹介しています。
裏地付きのシャツの縫い方


袖が縫い合わさったら、
袖〜脇腹のところを縫います。
12
 まずは、前後の身頃を合わせます。
肩部分の縫い代は袖側に倒します。

13
袖から脇腹のところを縫い合わせます。

わきのところに切り込みを入れます。
切り込みを入れるとわきのところがつれにくくなります。

14
Tシャツを表に返して、
裾のところに接着芯を置きます。
接着芯は、アイロンでくっつく面を上にして置きます。

そして、裾部分を縫い合わせます。

15
接着芯を折り返してアイロンで固定します。

ステッチをかけて、
あまった接着芯を切り落とします。

16

背中側が合わさるように作っていますので、
マジックテープを縫いつけてできあがりです。

接着芯で補強しているので
スナップボタンをつけることもできます。

これで、ショートパンツとTシャツのセットが出来上がりました(*^^*)
お疲れ様でした!!


セットの、ウエストベルトが太いタイプのショートパンツの作り方はこちらです。


明日は、Tシャツとショートパンツの型紙を公開したいと考えています。
まだできていないので、
完成したら載せるという感じで…(自信なさ目)


楽しんでいただけると、とっても嬉しいです(*^^*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ
にほんブログ村


関連記事
浴衣の型紙(22cmドール、27cmドール、リカちゃんボーイフレンドサイズ)公開中です♪

人形服の型紙、作り方まとめ

人形服の型紙についてのカテゴリー(型紙の作り方もあります)

人形服の作り方、縫い方についてのカテゴリー


お客様が撮影してくださった着用写真

ショップバナーその3
↑↑minneさんのページです。

りんごぽんのおみせ

↑↑個人ショップ「りんごぽんのおみせ」です。